個人病医院が医療法人成りを検討するための10項目チェックリスト‐医療法人のすすめ

個人病医院が医療法人成りを検討するための10項目チェックリスト‐医療法人のすすめ

個人病医院が医療法人成りを検討するための10項目チェックリストです。
該当する項目があれば、医療法人の設立をご検討されますことをおすすめします。

10項目チェックリスト 効果
医療法人の軽減税率を利用したい 目安として個人所得が1,200万円以上の場合に効果
所得税の負担を軽減したい 事業所得から給与所得へ(給与所得控除の活用)
配偶者の収入や財産を増やしたい 配偶者へ役員報酬を支給
退職金を受け取りたい 退職慰労金制度の導入
後継者の住宅を取得したい 役員社宅等の購入
基金拠出型医療法人を利用して相続税負担を軽減させたい 事業承継対策の簡素化
経営体質を強化したい 各種優遇措置の活用、多角化の前提
交際費の容認範囲を広くしたい 交際費の否認ケースが減少
分院の開設や老人保健施設の経営を検討したい 法人では可能
生命保険の個人負担を軽減したい 会社契約の生命保険により経費算入

コメントはこちらから

MENU