遺産分割協議書

遺産分割協議書

遺産分割協議書がととのえば、「遺産分割協議書」を作成します。法律上、作成義務があるわけではなく、不動産登記や相続税の申告にも必要となり、将来の争いを予防する意味でも、きちんと作成しておいたほうがよいでしょう。雛形として次のようなものを参考にしてください。

(遺産分割協議書)
平成××年1月3日 被相続人 大阪太郎の死亡により開始した相続につき、共同相続人全員において分割協議の結果、各相続人が次のとおり遺産を取得することに決定した。

1.相続人 大阪花子は、次の遺産を取得する。
(1) 大阪市住之江区御崎○丁目○番○ 宅地250.20㎡
(2) 大阪市住之江区御崎○丁目○番地○  家屋番号 ○番○
木造スレート葺平家建 居宅 床面積 100.14㎡
(3) ○○銀行○○支店
普通預金 NO.0121212 金4,500,000円

2.相続人 大阪一郎は、次の遺産を取得する。
(1) ○○鉄道株式会社 株式10,000株

以上をもって、共同相続人全員による遺産分割の協議が成立したので、これを証するために本書を作成し、次に署名捺印する。

平成○○年○○月○○日

大阪市住之江区御崎○丁目○番○号
相続人 大 阪  花 子 ㊞
大阪市中央区日本橋○丁目○番○号
相続人 京 都  洋 子 ㊞
大阪市中央区釣鐘町○丁目○番○号
相続人 大 阪  一 郎 ㊞
大阪市北区堂島○丁目○番○号
大阪一郎の特別代理人 堂 島  次 郎 ㊞

コメントはこちらから

MENU