ベンチャー支援に強い

「起業」「会社設立」「資金調達」などベンチャー支援に強い

事業を立ち上げて2年間生き残れるかが事業継続の目安といわれています。
中央合同会計事務所では、「事業が軌道にのる」までの2年間をベンチャー支援期間と位置付け、経営者を徹底的にサポートいたします。

企業の成長曲線

企業には必ず成長曲線が存在し、この成長曲線は「創業期」「急成長期」「安定成長期」の3つのステージに分類されます。

企業の成長曲線

この中で、特に「創業期」「急成長期」では、事業を軌道にのせるために適正な事業規模となるまで最低2年間は売上高を伸ばすことに注力する必要があります。

損益分岐点売上高

損益分岐点売上高

また、事業には、儲けるために適正な事業規模が必要です。
事業を成功させるためには、「利益=経費」、つまり収支ゼロの地点、損益分岐点をクリアして、「利益>経費」を早い段階でクリアしなければなりません。
よく「事業が軌道にのる」といいますが、これは「利益>経費」すなわち損益分岐点をクリアすることを意味します。

中央合同会計事務所のベンチャー支援

一般的に、会社を立ち上げて2年間生き残れるかが事業継続の目安とされています。逆にいうと、2年間の生存率が低いということです。都市銀行では、2年経たないと融資の対象にすらならないケースもあります。
中央合同会計事務所では、このような「事業が軌道にのる」までの2年間をベンチャー支援期間と位置づけ、様々な角度から経営者を特別にサポートします。

2年後の会社生存率

中央合同会計事務所では、一人一人、一社一社の顧問先が「大切なお客様」です。

大切なお客様の「利益」のために誠心誠意の気持ちをもって問題解決に取り組みます。

サービスの特徴

MENU