相続税などの資産税に強い

「相続税申告」「相続税対策」などの資産税に強い

開業以来、中央合同会計事務所は、「相続」について専門特化サービスを提供し続けています。

相続税の改正

平成27年より、相続税の大改正が行われています。 なかでも大きな改正は、相続税の基礎控除額の引き下げです。相続税は、相続財産が一定額を超える事によって初めて発生します。この一定額を基礎控除額といいます。改正により、平成27年1月1日以降に発生した相続については、この基礎控除額は「3,000 万円+600 万円×法定相続人数」に引き下げられました。

相続税申告

相続税申告

平成27年の相続税改正により、これまで税理士との関わりがなかった方についても、相続税の申告手続きを、税理士へ相談するケースも増えています。相続税の申告については、はじめての方にもわかりやすい料金体系で、コストを抑えたプランをご用意しています。

プライベートカンパニー(資産保有会社)

プライベートカンパニー(資産保有会社)

相続税・消費税・所得税が増税されるなか、法人税のみが減税されています。個人名義の不動産や株式や現預金を資産保有会社(プライベートカンパニー)で運用すれば、税コストをおさえることができるのではとお考えの方向けに、各種サービスをご用意しています。

中央合同会計事務所では、一人一人、一社一社の顧問先が「大切なお客様」です。

大切なお客様の「利益」のために誠心誠意の気持ちをもって問題解決に取り組みます。

サービスの特徴

MENU